ダメ出しするダメなオタク

ソルシエ再々演とDVD待ってる

これから舞台見るのに気持ちが向かないとき

ちょっと前に書いた記事なんだけどすっかり忘れてた。

舞台楽しすぎるやばいチケット増やそってなったので今は大丈夫。後日読み返して私が爆笑するためにアップしておく。

 

来月予定してた遠征がダメになって落ち込んでます。無職になったからって遠征組み過ぎなんだけどね。

さて、明日は推しの舞台だって時に気持ちが盛り上がらない事ってありませんか。私は3,4回に1度くらいあります。けっこう頻繁ですね。いままさにそう。普段は舞台を見るために生きてるのに、心が推しにも舞台にも向いてない。かと言って何か気になるものがあるわけではないので全体的に気持ちが落ち込んでると表現した方が近いかも。いろんなものに無関心です。

チケット持ってるからには空席を作るわけにはいかない!!となんとか劇場にはたどり着くけど、物販見てもふーん。いざ舞台見てもふーーーん。ってあんまり心が動かないまま2時間半経ってお仕舞いって事があります。

すごーい!たーのしー!と笑って(もしくは大泣きして)帰ってくる場合が半分くらい。

ふーんが3割。

つまんねーが2割。

いつ見てもつまらないものはつまらないので仕方ない。問題はふーんです。劇中やカテコで何があってもへぇーそうだから何?って心が反応しない。何しに劇場へ行ってるかわからない。むしろ何で生きてるか分からない。

何にも興味を示さなくなったら人間終わりだと思うんです。淡々と日々をやり過ごして寿命を迎えてもつまらないでしょ。死体と大して変わらない。

落ち込んでいるなら気持ちが上向きになるまで少し休もうってなるんだけど、疲れたから心を動かさないようにしよう反応を止めようと抑えこんでる時がどうしようもない。すべてシャットアウトして面白いって思ったはずなのにそんなことはなかった事にする。辛い現実からの逃避すらできない。楽しい夢の世界に行ったら現実に戻るのが辛いから動けない。追い詰められて自殺するタイプの考え方なんでしょうね。子供の頃に植え付けられた宗教上の教えも影響してる。自分を追いつめろって事じゃないだろうけどうまく処理できてない。生き易くなるための宗教に縛られてる。

チケット手放すのも悪くないけどせっかく買って楽しみにしてたからには行った方がいいと思ってる。空席はダメって思いがあるからなんとか趣味に時間を使える。でなかったら休日は寝ているだけだから、凝り固まった考えにも救われてるんだと思う。

作品自体は好みがあるから好き嫌いはあって当然。楽しみにしてたけどハズレだったって舞台に限らず食事もレジャーも本も音楽もテレビ番組もなんだってありえる。加点形式で物事判断できるタイプじゃないのでつまらなかったって感想でもいいにしてる。ここは良かったこれは残念なのでこういう風に直した方が良いって脳内アンケート記入。今後の参考にする。

ぼんやりステージを眺めてるだけで集中してないときもある。どうしたらいいんだろうって考えたけど前日ちゃんと睡眠取って当日ああ楽しみだなって思えたのにぼんやりしちゃったらもう体調が悪かったと割り切るしかない。睡眠不足だったらそれは自分で管理できる問題。別の事を考えて集中できないのは人生そんな時もある。推しや出演者や制作側に問題ないのに楽しみって思えなかったら、

 

ここで記事は途絶えている…。

なんで途中なんだっけ。気分にむらがありすぎなんですよね。先週映画の美女と野獣を見て舞台オタクスイッチがONに切り替わったのでこんな気分は吹き飛んだんでした。でも舞台が楽しくないときは頻繁にあるのでまじで困る。だれか助けて。1万円出して楽しめない事があるのに次もチケット買うんだから異常ですわ。

 

今回の行きたくないは「制作側が信用ならないからチケット買うの怖い」が8割くらい。2割が「いま満腹だからこれ以上いらない」だと思う。

大きい舞台だとブロードウェイから演出家が来て指導なんかあるじゃないですか。役者が壁にぶつかったときに的確な指導が受けられる環境があると思うんです。実際のところは知らないけどインタビューからは具体的なダメ出しと指導がきちんと行われてるように伺える。学校や塾でいい先生を選ぶって一般的でしょ。スポーツも良いコーチについてもらいたい。勉強してて問題が解けないときわかりやすく教えてくれる先生がいたらすぐに理解して次に進める。遠回りして自ら掴んだものもいいけど、ひっぱりあげてくれる先生がいるのって必要な環境じゃないですか。質問できる環境や答えやヒントをくれる格上の人がいたほうが道を照らしてくれるかもしれないと思いませんか。

ソルシエのパンフレットの平野と良知君のインタビュー。良知君が劇団四季に所属していた時に浅利先生(劇団四季の創設者で演出家)の指導を受けた話を「いい話」って軽く流してるけど、必要だと思わないのかなと不安になるんです。浅利先生がいいわるいじゃなくて、年単位で一定方向に進める安心感や導いてくれる信頼感とか欲しくないのか不思議です。

小さい劇団を転々と客演することもいい経験になると思う。テニミュ以降の実績は自分の足で歩んだ大切にしてほしい経歴。それで成功してると思ってるならいいんです。でも売れたいってファンの前で口に出すなら腹くくって行動を起こしてほしい。今更って思うかもしれないけどでもこうなりたいって先が見えないんだよ。本人ももがいてるだろうけどもっと目標定めて基礎からやり直すとかなんとかないのかな!

今度の舞台の演出家さんtwitterを見てると未だに悩んでるように見える。完成形の見えない物を作り上げるのはオリジナル舞台の面白さだけどおおまかな形は最初からあって後は演出家と役者が細かい所まで仕上げてくる舞台ももっと出て欲しい。客が「仕上がってるな」って思えるやつ!ロングラン作品とか毎年繰り返し上演される作品。誰かが掘り下げて作り上げたキャラクターがすでにあって過去の作品から学び周りとバランスを取りつつどこまで自分の色を出せるか。

「売れる」ってどういう意味合いなのかあまりイベント事に参加しないのでわかりかねるけど大勢の人に見てもらいたいって意味ならまず目指すのはそういった作品に出演することじゃないのかなと思いました。ソンライもおきめすもそうじゃなかったからね。クリエに通うお客さんたちに見てもらえたのはありがたかった。オリジナルじゃなくて2.5次元でもないものに出て欲しいです。

あとWキャストのに出よう!比較され続けたテニミュを久しぶりに思い出しませんか。

 

話が逸れてたな。

ロングランと再演される海外ミュージカルに慣れ過ぎていまの平野さんを見るのは辛いって話がしたいんだと思う。たぶん。四季と帝劇だけだと見れる作品の幅ほんとに狭いから。去年出たキャストがまた出るから安心できる。新しいキャストもこのレベルまではできてるだろうって予想がつく。せめてクリエとか日生劇場とかも見ればいいんだけどこれ以上増やせない。

メインじゃなくても学べることはきっと多いよ。役者オタクとしては出番少なくて物足りないかもしれないけどピーターパンとかアニーとか羨ましい。推し変しろって言われそうだけど私が好きなのは平野なんだよー!!平野がいまで満足してるならそれでいいし売れたいならあーしろこーしろって妄想するだけだよ!私たちが空席心配しなくてもチケット売れて土日は満員御礼な舞台に出てくれーーー!!

舞台を見る前に何を感じてるか

Twitterの別の趣味垢のフォロワーさんがフィギュアスケートの観戦に行った。テレビではいつも楽しみにしてたけど生で見るのは初めてだったみたい。数日前から何を準備すればいいんだろう望遠鏡買った方がいいかなってそわそわしてた。

当日会場前で「着いた」ってツイート。楽しんできてと声を掛けたら「最高だった!まだ始まってないけど」

あーーーー!これだわ私が最近失ってたもの!

あこがれてた世界がいま目の前にある。私はチケットを持って飛び込める。あのときめき。遊園地の前で入場前に記念撮影するような気持ち。旅行前の高揚感のような。楽しい世界が待ってるもうすぐ手に入るって期待が。

観劇が日常の一部になってしまって会場前で心躍る事がすくなくなった。ステージを見ていてもドキドキしながら目を輝かせてる時間が減った。

今日はAを見に行くけど今見たいのはBなんて言って笑ってたけどなんなの何様なのあんた。数年前の私が聞いたらなんて贅沢なって怒るだろう。しかも最前列ってどんなことしたらチケット取れるの私は後ろなのにずるい席変われよ!くらい言われても仕方ない。

最前列の特別感もなくなった。頑張れば取れる。何公演も見れば抽選でも取れてしまう。推しが人気過ぎてチケット全部落選ってそもそもほぼ無いし…。もうちょっと人気出るといいのに。

何度も取れるから特別じゃなくなったってのは残念すぎる理由だ。それなら普段は茶の間で応援してて年に一度ライブでも行った方がよっぽどお金も時間も掛からない。そういう楽しみ方を堪能できればよかったんだ。滅多にない機会を待ちわびてその日のために毎日頑張れるって思ってたはずなのに。

どんな席でも良席だと思うようにはできなくてもせめて今日は楽しみにしてた最前列だって思いたい。悔しい。人間は欲深いしいいものを手に入れてもすぐ慣れて感謝の心を忘れてしまう。推しに出会えたこの奇跡!!!推しの存在が奇跡!!!!!!同じ空間にいると思うと胸がいっぱいで息ができない!!くらいの感覚で居たい。

 

 

で、会いに行ける相手を推しているにもかかわらず来週の舞台のチケットを取ってないんですかどうしたらいいんでしょうか。見たいんだけど不安要素がある舞台を見に行くのがたいへんになってきた。歳を取ると安定を求めるってこういうことか。アラサーつらい。

あとさよならソルシエで満足した。いま満腹だから食べなくていいかな、みたいな。後々後悔するかも知れない。作品的には見たい。ビジュアルは最高。でもなんで今かな。来月以降だったら良かったのに。

別で追っかけてる相手なんか1月の舞台で満足してしまって来週の同じ作品のチケット手放そうかって思ってるくらい。ロングランで来年以降もやるけど私の中で1月のあの公演が最高傑作だったからもう見なくてもいいや。他の作品に出てくれたらすぐに駆けつけるんだけどなあ。本当に素晴らしかったんだよ。生涯忘れられない出会いだった。これがあるから舞台オタクはやめられない。

 

舞台は生で観なきゃ意味がないと思ってる。「観劇という趣味を長く続けたい」ならば今気分じゃないならお休みすればいいし「推しがステージに立ち続けて欲しい」ならば割引チケットすら売り切れない舞台の空席を埋めに行くべきだよね。売れなきゃ消える世界だから。

推しの舞台が見れるってきっと私が考えてるよりずっと幸せな事だ。

別作品のマチソワできますか

地方民なので東京遠征には交通費がかかる。

もうすぐGWだけど手持ちのチケットは1枚。劇団四季のマチネ。ちょうど推しの舞台もある週。交通費的にはソワレに推し舞台入れたいけどいかんせんマチネの内容が重い!観劇後きつい、苦しい、なんで見たんだろうって思うストーリーなので別作品を見る元気があるか心配。

そもそも最近マチソワしてない。推しをおっかけ始めたころはやってたけど、ゆるく長く見ようと思ってやめた。同じ作品でも感想混ざるのに(レポあげるつもりなければ構わないはずなんだけど気になる)別作品だとマチネの事を考えながらソワレ見てて勿体ないからやらないことにした。集中力が持たない。なので土日でマチネ・買い物まれにアフター・翌日マチネ。もしくは土曜日マチネで日曜日は美術館に行ったり。

イケメンがわちゃわちゃしてるだけなら別作品でもいいんですよ。可愛かったかっこよかった天使すぎて死ぬっていうのもいいよそれはそれで需要あるし割り切れば楽しい。テーブルクロス案件でもまあいいにしよう。(すごい上から目線だけどそうやって割り切らないと推しのファンやってられない時期があった)

 

さて今回はどうしようか。

推しは2週間もある公演なので翌週でもいいかなと思ったけど、4月の終わりに他の舞台があるから3週間連続東京遠征+5月京都遠征になってしまう。ちょっと立て続けに予定入れ過ぎた。京都は友達の手伝いでチケット取ったら両方取れてしまったのでじゃあ私も行くわとなっただけなんです。観劇は月に1度まで減らそうとしたはずなのにどうしてこうなった。

舞台行き過ぎて年間予算が足りなくなりそう。5月の推し舞台を諦めるしかないかと思ってたけど他の仕事で関心をそそられるものがない。戦国時代はそんなに興味ない。有料番組はきりがないので追わないと決めてる。見るものが無いな。

他の舞台も含め6月以降チケット持ってないので生きる気力がなくなる前に追加しなくては。でも全然見たい作品がない。死ぬのかな。

3人舞台って言ってたくせにゲストという意味の分からない単語が出てきて見る気が失せてる。黒髪推しは見たい。ぜひ近くで見たい。でも日替わりゲストって何。かなりチケットが売れ残ってるのがわかって心苦しいので買い支えたい気持ちもあるんだけどゲストって軸がぶれすぎてないですか。黒髪かわいい。GW開けから5日間くらいにすれば良かったのに。

推しは初日と楽日までに演技変えてくるから気持ちとお金と時間に余裕があれば3回くらい見比べたい。

チケットは発売日に買うものだと思ってるからその日を逃すと買わない傾向にある。四季のキャストが分かればもう少し計画も立てられるのに。(月曜日に週間キャストが発表になるまで分からない)

黒髪、明治時代、文学作品、少人数、たぶん私の好きな推しが見れる、ゲストという単語に目を瞑って脇役だと思えばたぶん楽しめる。演出脚本は知らない方なので未知数。制作がそんなに好きではない…。どうしようかな。

祝日にソワレのみが2回ってどういう判断?マチネのみかマチソワが普通だと思うけど昼間はお出かけしてるからソワレにしようって事かな。お出かけしたら夜まで帰ってこないし時間的に間に合っても予定に組み込まないと思う。初日ソワレ・マチネ・ソワレ・土曜マチソワ・日曜マチネの6公演にすれば良かったのに2週間16公演は打ち過ぎ。判断見誤ってチケット捌けない・イベント追加ってキャストに無駄な負担がかかるパターンやめてほしい。

マチソワ+往復バス+渋滞だとお尻が死ぬ。アラサーには辛いからやめよう。たまには初日に行こうかな。

ここまで書いて推しのチケットを発売日に取らなかった理由を思い出した。四季はもう1枚持ってるから好きなキャスト来なかったらお譲りに出そうと思ったんだ。そしたら初日より楽がいいなあ。どうしよう来週までチケット買えない。楽のチケットあるのか調べてないし流れに任せよう。

YOI聖地巡礼ラッフルズホテルに行ってきた

f:id:sayoma:20170416235558j:plain

Let's party now!

#Singapore #party #it'sjjstyle

 

ユーリ!!! on ICEのEDでJJがいるホテルのモデルがラッフルズだそうで。ちょうどシンガポール旅行するからには聖地巡礼しなければなるまいと友達にお願いして行ってきました。EDを再現するにはロータリーに侵入しないと難しそう。ロータリー中央は花壇があるのでまっすぐ進めません。写真は夜9時前だけどもう少し早い時間の方がいいかもしれない。

 

f:id:sayoma:20170417001620j:plain

f:id:sayoma:20170417002522j:plain

ラッフルズは観光スポットだけど格式高いので用事が無いと入れないような雰囲気。でも奥にショップがあるのでしれっとした顔でドア前の廊下を左側に進めば大丈夫。改装中なので裏から入りにくい。正面のドアは宿泊客専用なのでアフタヌーンティーやバーでシンガポールスリングを呑みに来たお客さんも左側に進む。

f:id:sayoma:20170417002729j:plain

 

中庭の噴水。奥の1階がアフタヌーンティーするお部屋。2階以上はホテルなので宿泊者以外立ち入り禁止。

f:id:sayoma:20170417003032j:plain

奥から入るといきなりジャングルと噴水なのでここ入っちゃまずいんじゃない感ぱない。正面から入る方がいい。2017年から大規模改修らしいのでライトアップも近々見納めかも。

f:id:sayoma:20170417003634j:plain

オフィシャルショップは確か夜9時閉店。ラッフルズホテルオリジナル・カヤジャム買えばよかった。

 

ブログを作った目的を忘れそうな内容ですが自分の周りにユーリ沼住民がいなくてカッとなってやった。後悔はしていない。

貼れる場所がないんですよ!私のtwitter鍵垢、インスタは昔登録したきり放置、でもせっかく撮ったんだからアップしたかったんです。友達内にユーリ見てる人すらいないんだけど本当にやってたんだよね…。

 

ちなみにラッフルズではありませんがJJ君(小学生くらい)に遭遇しました。はしゃいでたけどうるさくなかった。天使か。

 

せっかくだし

オタクなブログなので舞台(というか推し)以外の話も書いてしまおう。

という内容が無い自分用ワンクッション入れたかった記事です。

カテゴリー登録がやり方わからない。

マベの「大人の」「2.5次元」の着地点はどこなのか

いや着地しちゃだめか?結論は出てないぐだぐだ書いてるだけ。

 

さよならソルシエの初演のインタビューで「大人の2.5次元」といううたい文句があった。初演の時は力を入れて本気で作ってきたのがわかった。作品自体は大人向けを目指したのにグッズ展開は缶バッチなんかもあって変な感じ。

再演時のグッズは写真に絞られたけどこれはアンケートと売上を考慮した結果なのかチケットの売れ行きの問題かわからない。

 

マーベラスが本気というのは良知さんもインタビューで語ってる。ピアノ一本でハードルが高いことに挑戦している、と。

この作品の挑戦はピアノだけだったのかというとそれだけではない。だったら泉見さんをジェロームに配役させる意味がない。

「新しい夜明け」をフィンセントの絵に見出したテオドルス。

「新しい2.5次元の夜明け」をさよならソルシエに見つけたかった。

良いものってなんだろうなとすごく考えさせられた。

新しい夜明けなんだろ!最後までやりきれよ!DVD出してリリースイベントまでが2.5だろうがばかやろー!!!

 

大人のというのはマンガが子供だましだと思われていた一世代前と現代の「このマンガがすごい」の対比なの?なんなの?どう取ればいいの

20代30代になってもマンガ読む時代になってその人たちが歳を重ねれば40代50代向けマンガが特集される時代が来るのかね

子供だましの2.5次元も多いよね、知ってる。ビジュアル的なキャラの再現率の重視は楽しいけど頭を悩ませる配役もある。基本的に歌えないなら無理に歌わせるなという考え方をしているから流行りに乗ってなんでもミュージカル化するのはやめてほしい。せめてストレートでやろう。どうせ稽古期間短いでしょう。2週間でミュージカルやっちゃだめだよ。

ロングランじゃないから稽古に1か月も取れないのはわかってますよ。そういうの含めての本気じゃないのと思うけどね。

譜面通りに音を出せるだけじゃ足りないけどせめて譜面通りに歌ってくれとは思う。

子供だましじゃなく大人も楽しめる大人も見るに堪えうる大人も我慢できる…

子どもも大人も満足するって表現ってどっちもバカにしてるような気がしてきた

うーーー(ここのフィン可愛いよね)

なんだろう

考えれば考えるほど私の脳みそが足りなくなる

アウトプットすれば多少楽になるかと思ったけどそうでもない

 

ってここまで書いて数日忘れてたので追記。

さよならソルシエ初演は新しいものを作ろうという挑戦的な気持ちがくみ取れたけど、再演は良知くんが再演パンフで「意識しないようにした」と言っている事もあり、純粋に初演のブラッシュアップをしているように受け取れた。

平野はよくわからん。フィンだからわからなくてもいいので放っておく。(自分の時計をみろに関しての平野の反応は別記事書きたい。本送りつけるぞアルプ切り抜き送るぞ)

 

舞台を見る時にここまで作品の主題や演出の意図を考える事って滅多にないというか初めてなんだけど、もしマベが新しいものに挑戦しようとして、それに平野を起用したのなら嬉しいなと思う。新しいものってなんだよって感じだけど。

ミュージカルオタクとしては日本語のミュージカルってそれだけで嬉しいんです。日本語訳じゃなくて原作だと最高。ブロードウェイやウエストエンド発の作品だと英語から日本語訳したときにこぼれるものが多すぎて別物だったり薄っぺらだったりする。でも日本で作られた日本語ミュージカルにはそれがない。ドイツ語訳みたく1音に入りきってないよねって単語を使ってもいいと思うけどね。それでもドイツ語圏の人が「英語の方がいい」って書いてるので結局のところ翻訳した時点で別物なんだ。別物だとしても母国語でこんなにたくさんの作品が毎日上演されてるって本当に幸せ。あれもこれも行きたくて迷っちゃうマチソワしようかななんて悩めるオタクには素晴らしい環境。

日本語は同音異義語が多いし母音が必ずあるから歌には向いてないのにこれだけ発展したのが不思議。日本人の気質と水が合うのかな。

えーと、だからテニミュを世に送り出してくれたマベネルケ集英社様方には感謝しきれないの。ブルーオーシャンらしいんで来ましたお金儲けしたいです人気のイケメン集めて歌わせますって作品もあるけど。芸術にお金を出す事がない両親や学校で育った10代20代の女性がちょっと見てみるかって舞台に手を出せる下地を作ってくれてありがとうございます!学生時代は芸術鑑賞は寝る時間だと思ってた。入口はテニミュでも今や海外遠征する筋金入りミュージカルオタクになりました。絵の具さんの踊りを見てバレエを久しぶりに見たくなってチケット取ったよ。ああほんとに人生わからない。テニミュこわい。なんの話だっけ。

テニミュキャスト、テニミュあがりの若手がみんな歌が上手いかと聞かれるとそうじゃない。あれは青田買いだよ新人公演だと思って見ると楽しいよって答えてる。完成された演技や歌じゃないけどデビューから成長する姿が見れる。完璧だなんて思ってないけどいいんだよだってーだってーテニミュって楽しいじゃん!舞台見に行くの楽しい。アドリブ楽しい。わちゃわちゃしてるの尊い。若くてエネルギッシュなイケメン間近で拝めて拝観料2時間半6000円は安い。いつもありがとうございます。

新しい世界なんてとっくに開けててみんな楽しく過ごしてるから変な目標立てなくてもいいんじゃないかと思った。それより円盤出そう。でもソルシエ初演は面白かったし1年経ってもあーだこーだ言うオタクが付く作品になったので試みとしては成功なのか?どのあたりに目標設定してるのか役者のインタビューからじゃ読み取れない。

 

2.5だとキャラの見た目(ヘアメイク衣装の出来)が重視される。ウィッグどうにかして、とかいまだに見る。客が良く見てるポイントになんで手を抜くのかわからないんだけど。ソルシエもパンフはいいけどブロマイドの解像度悪いなと私ですら思う。

だから初演を見て2.5って表現は失敗で舞台化の方が良かったんじゃないかなと思っててもやっぱり原作マンガがあるからにはキャラの仕上がりを見てしまう。

うん、書いててよくわからない。

別に個人のブログだしいいよね。

再演って何がしたかったのかと考えてもわからんので、初演の評判が良かったから希望通り音響の良い会場で再演してやったぞ感謝しろって公式が言ってくれたらありがたくお布施上乗せするわーって感じ。お布施はDVD代としてお渡ししますのでそろそろ発売決定してくれると嬉しいです。

 

【愚痴】推しのマネージャー変えて欲しい

推しの事は大好きなんだけど、あの事務所に居続ける事に対して納得できないしそういう点でやる気ないんじゃないかと思ってる。

小さい事務所だから丸ごと身売りされること2回、3つめの今の事務所は数年保ってるけど運営業況は知らないし不安しかない。

なにより、ずっと前から変わらないマネージャー。

ほんとにくそなので推しはいい加減目を覚ましてほしい。

誤字脱字くらいならまだ仕方ないよ。Wチェックしても人間なので思い込みや見落としはある。でもイベント会社からのメールをそのまま役者のブログに載せちゃだめでしょ!どう間違えたらこんな事が何度も起こるんだよ。チケット売れ行き不調だからオタク心配させて買わせようって魂胆だとしたら仕事辞めて欲しい。日本人の考え方と合わないのでこの国から出てって。もういや。

体力勝負な演出をする舞台の稽古期間に海外DVD撮影を組み込む計画性のなさも嫌い。共演者がいるならまだしも言葉の通じない国で飲食バイト企画って本当にあのタイミングでやる必要あったの?カレンダー用の撮影もあったようだけどただの住宅街で行うなら東京周辺で済ませればいいよね。推しがいい表情してれば撮影地なんてファンは気にしないよ。リゾートとか観光スポットなら聖地巡礼も楽しいけど後ろに洗濯物が見えるようなところ行かないでしょ、少なくともこの人のファンは。

撮影スタッフとかメイクさんとかの都合があるのはわかる。撮影の予定入れてたらあとで舞台の仕事が来たのかもしれない。でも舞台役者の短い稽古期間中に数日間慣れない海外に行かせるってお金優先にもほどがある。キャンセル料かかってもそこはキャンセルしてよ。けっきょく本番中に喉ガラガラになってたよね。何が本業か理解しろよ。

推しもなあなあで済ませてるのが本当にいや。

自分がマイペースなのは自覚してるんだからきちんとしたマネージャーに管理してもらう方が身のためだと思わないのか不思議。自分の今後のためでありファンを維持するためだよ。どこかの劇団所属なら諦めるけどそうじゃないでしょう。

どれくらいの期間マネージャーを務めてるのか覚えてないけど、長い間お世話になってるから縁を切るのは申し訳ないって思うのは違うから。相手は仕事だしあなたも仕事。

私がもし「平野良」(あ、書いちゃった)って商品を買いたいとしてもずさんな管理されてるのを知ったら考え直す。品質管理がしっかりしてないモノは怖い。

 

って同じような日記を3年以上前に書いた記憶があるんだけど、まさかマネージャーの仕事の質が悪化するとは思わなかった。あの頃はまだ告知漏れと誤字脱字とダブルブッキングくらいだったのに。まさか立て続けにメールコピペしてブログ更新するなんてね。

ファンクラブに動きが無さ過ぎて辞めちゃったんだけど今もあるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

うっかり名前も出してしまったことだしついでにもう一つ。

推しにも怒ってる事があるって話。

続きを読む